間伐材を利用する

木材利用ポイントが儲けられている理由の一つに、地域の環境保全という目的があります。
スギやヒノキ、カラマツといった地域材を建築に利用する事で、コンクリート造の住宅よりも様々な好影響があります。
湿度や暖かさといった住みやすさに深く関わってくるポイントも、重要な要素の一つと言えます。
この地域材の魅力を最大限に活用した住宅を建てる事によって、木材利用ポイントをもらいつつ、地域に貢献し、生活を豊かにする事が出来ます。
また、木造住宅の利点と日本の気候は見事にマッチします。
四季毎に気候が特徴的になる日本では、木造住宅の持つ柔軟性が大いに働きます。
熱伝導率が低いため、気密性がある程度低くても、室内が温まりやすくなるといったメリットも存在します。
また、木材が持つ効果には、リフレッシュ作用があり、比較的穏やかな気持で毎日を過ごす事が出来ます。

地域材は、戦後を境に多くの数が植えられてきました。
これにより人工林が発達し、年々増え続けています。
しかし、増えれば増えるだけ良いということでもありません、
新しく気を植える事が出来ないと言ってデメリットや、間伐が上手くいかないため、土砂崩れや災害の原因になることもあります。
害虫や害獣といった動物の温床にもなってしまいます。これらの被害が進むことにより、地域の農産物の生産力が低下してしまうといった事態を招いてしまいます。
そこで、木材利用ポイントの制度を敷設することで、木材利用の活性化を促すという取組が行われています。
木材を適切に利用する事によって、地域の活性化や森林の機能の発揮、CO2の吸収能力の向上といった様々な利点があります。
木材を有効活用する事によって、バランスのとれた状態に保つ事が木材利用ポイントの制度を推し進めてきた理由でもあります。
木材利用ポイントを獲得するために、地域材の有効活用や、木製商品を利用して環境や地域の発展、活性化に寄与しましょう。