最大で60万ポイント

木材利用ポイントは、木造住宅を建築する事で、獲得することが出来ますが、木質化工事を行うことでも、木材利用ポイントを獲得する事が出来ます。
木質化工事とは、住宅のリフォームを行う際に、内装や外壁を木造住宅に立て替える工事の事です。
この工事を行う事によって、木の持つ恩恵を享受する事が出来ると共に、毎日をより快適に過ごす事が可能になります。
木質化工事では、床や天井といった所も対象になるため、あこがれの床材に変更する事も出来ます。
木質化工事で木材利用ポイントを獲得するためには、木材利用ポイント事務局によって正式に登録された事業者へ工事を依頼する事がまず前提です。
正式に登録された事業者でないと、木材利用ポイントの発行を認めてもらうことができなくなってしまいます。
また、木材利用ポイント事務局が指定した木材を使用する事が必要です。
木材を利用するには、ホームページに掲載されている供給業者を利用して木材を仕入れるようにしましょう。
木質化工事で、木材利用ポイントを貰うためには、適切な量を適切な場所に使用する必要があります。
延べ面積に対して、対象地域材の使用料が定められています。

対象となる工法で建てられているかどうかも、木材利用ポイントを獲得するためには大切な事になります。
これには、新築だけではなく、増築も含まれています。
この工法や使用される木材については、地域によって様々な物があります。
スギ、ヒノキ、カラマツ、トドマツ、アカマツ、リュウキュウマツ、オウシュウアカマツ、地域によって様々な木材があり、中には国外産の木材もあります。
工法にも木造軸組工法や丸太組工法、枠組壁工法があります。
木造住宅を増改築、建築する際にはこれらの工法や使用する建材の利用を事前に確認して事業者に問い合わせをする必要が出てきます。
木質化工事の中でも特に人気が高いのは、無垢材を天井や床材として使用する事です。
無垢材は、天然の丸太から切り出した木材で、木材が本来持っている風合いを持っています、その為、比較的人気が高くなっています。
合板とは違い、割れやすい事が特徴ですが、湿度を調整する効果も期待できます。

木質化工事と木造住宅の新築を併用することによって、上限の30万ポイントを2回受け取る事が出来ます。
これによって最大で60万ポイント物も木材利用ポイントを獲得することが出来ます。
例えば、木造住宅を、主要構造材を使用して新築を建てる、または購入した後に、木質化工事で壁や内装、天井と言った所を30万ポイント分行う事で、60万ポイントを獲得する事になります。
こういった情報をうまく事で、より賢くポイントを利用する事が出来ます。