導入された経緯

木材利用ポイントは、木材で住宅を建築する、リフォームを行った際に貰う事が出来る特別なポイントです。
地元の活性化が狙いであるこのポイントは、環境保全や木材製品といったものと交換する事で使用することが出来ます。
このポイントの利用により、地域の発展に貢献することが出来ます。
また、木材利用ポイントは復興支援やエコポイントに関連したポイントであり、それぞれ被災地救済や環境保全といった大きな目的が共通しています。

この木材利用ポイントが発行される対象は、建造やリフォームのほかに、木材製品に購入や薪ストーブといったものを導入する事でも貰うことが出来ます。
この制度の対象は、平成26年4月1日~9月30日までの期間でしたか、ポイントの発行申請自体は未だに受け付けています。
発行されるポイント数は、工事の規模や木材製品によってもかわり、上限は30万ポイントとなっています。
新築で木造住宅を建てた場合、9㎡につき、2.1万ポイントを獲得する事が出来ます。
以降、3㎡増える度に、7000ポイントを受けることが出来ます。
リフォームも同様で、9㎡につき1万ポイント、3㎡増える度に、1万ポイントを受ける事が出来ます。
また、内壁や天井、外壁と言った所の木質化工事でもポイントを得る事が出来ます。

薪ストーブを購入する事でも、ポイントを獲得する事が出来ます。
メーカーによって様々で、3万ポイントから7万ポイントと、大きく差が出ます。
その他の木材製品では、テーブルや本棚、収納といったものがあり、それぞれ購入するごとに数千~数万ポイントを獲得することが出来ます。
このように、木造住宅やリフォーム工事を行わなくても、製品を購入するだけでも木材利用ポイントを獲得する事が出来ます。
これの木材利用ポイントは交換する事で使用できますが、交換対象も様々な分類にわたっています。
特産品、プリペイドカード、商品券といったものや、寄付をすることが出来ます。
これらのポイントを使うことで、よりエコや地域に貢献する事が出来ます。