導入された経緯

木材利用ポイントは全国で利用できる住宅の補助制度である。これが導入されたのは、復興住宅エコポイントの関連である。被災地以外の住宅の建設を支援するための制度として施行された。

間伐材を利用する

地元の間伐材を利用して住宅を建設することで、木材利用ポイントを多く貰うことができる。この間伐材を地元できちんと消費することで、地元の環境を整え、森林と周辺の海の環境を整える目的がある。

丸めたカタログ

一戸建を建てるなら

国分建設に注文住宅を依頼することで、自然素材を活用した温かみがある家を建てることができます。施工事例でデザインを確認できます。

暮らしやすい環境が整っている鎌倉で一戸建てを探しませんか?扱っている物件の数が豊富でサポート体制が整っているこちらに相談しましょう。

人間が生きていくには、地球のものを使いながら生きていくことになる。
それは他の生物も同じで、地球上にある酸素を吸い、二酸化炭素を排出して生きていく。
食べ物は大地で育まれ、その生物に適した食物は、食物連鎖によって循環し、決められている。
しかし、人間は自分の都合によってその循環に変化を加えることができる。
これは、生き残る体力という面では能力の低い人間が、この地球上で生きていくために必要な能力である。
環境から体を守るための最大の道具である住宅は、人間が生きるための機能の一つである。
この機能があるからこそ、人間は強い雨や雪にも耐え、文明を発達させる事ができたのである。
その能力は住宅のみならず、経済面でも生かされてきた。
道具を使い、車や飛行機で早い移動を可能にしたことによって、より経済活動が活発になった。

しかしこうした経済活動は、同時に環境破壊をももたらすようになってしまった。
産業革命以降、経済の活動を加速させてきた人間は、それが周囲の環境にどう影響を与えているのかを長らく考えないできた。
問題が大きくなって初めて、世界的に環境問題にどう対処するのか、失われた自然は戻るのかといったことが検討されてきた。
間伐材を利用することが検討されている。
間伐材を利用することで、余計に木材を消費しなくても済むようにしたのである。
また、利用してもらうための方法として、木材利用ポイントをつけるようになった。
このポイントはカタログなどから自分の好きなものを選び、消費することで購入することが可能になっているのである。
木材利用ポイントを利用する事で、エコにも貢献することが出来るのである。

豊橋で新築住宅を購入したいのであれば、こちらがおすすめです。環境が整っている住宅を紹介してくれますよ。